レンタルスペースはココを見て選ぼう!選ぶポイント

希望通りのレンタルスペースを借りるために押さえておきたいいくつかのポイント

レンタルスペースを借りる際に気を付けておきたいポイント

レンタルスペースには沢山の使用用途があります。 例えば結婚式場もレンタルスペースに入りますし、少人数での会議や自分で作った作品の個展・販売など、様々な用途を上げることが出来ます。 レンタルスペースを借りる際には、どのような使用目的で借りたいのかを明確にしておくと探しやすくなります。

使用用途が明確なレンタルスペースも多くあります!

「会議室」「キッチン教室」など、使用用途がはっきりしているレンタルスペースも数多くあります。中には「エステ専用」など用途の限られているものもありますが、用途がはっきりしている分、設備などがしっかり整っている場合も多いですね。 目的に合ったものを探してみてはいかがでしょうか?

予算を決めましょう!

レンタルスペースと一言で言ってしまうと相場などは全くないほど、それぞれお値段が違います。 レッスンなどの使用目的で定期的に借りられるものは定期割り、早く予約すると早割り、直前の時間を申し込むと直前割りなど割引サービスを行っている場所も多々ありますので、予算を抑えたい場合は要チェックです。

レンタルスペースの使用目的は?

レンタルスペースの使用目的は様々にあります。
レッスンや会議、個展などの比較的小規模な集まりから、セミナー、会見、展覧会、発表会、ワークショップなどの不特定多数の人数が集まる催事など。

選ぶ際にはもちろん、人数の規模にあったスペースを借りなければなりません。
セミナーやレッスン、会議などある程度来る人が決まっているものに関しては特に分かりやすい場所を選ぶことはありませんし、人数も決まっているので収容人数を把握しておけば後はそのキャパシティを持っているレンタルスペースを借りれば良いでしょう。
集客を必要とする個展やショップなどは人目につく場所を選ばなければ場所としての集客はなかなか見込めません。集客が目的ならば一階の方が集客が見込めますし、搬入物がある場合は大きめのエレベーターがあるかどうかのチェックもしておくと良いでしょう。

また、設備面などのチェックも必要です。
どの目的で借りるにせよ、自分たちで持ち込めるもの、レンタルスペースの設備として使用可能な物を調べましょう。会議をするのにプロジェクターを持ち込むのか設備としてあるのか、椅子は自分たちで持ち込むのか設備としてあるのかなどもチェックしておきたいポイントです。
ワークショップや個展などに関しては、会場のレイアウトをどこまで変更できるのか、その際に必要なものは借りることが出来るのかなども確認しておきましょう。

使用目的、日程、時間、大まかな場所、人数、設備、予算が決まったら、具体的に絞り込んでいきます。現在は、レンタルスペースを探すサイトなどもいくつかありますので比較をして選んでいきましょう!