希望通りのレンタルスペースを借りるために押さえておきたいいくつかのポイント

>

予算を決めましょう!

基本使用料に含まれるものを確認

レンタルスペースの多くは、時間単位で借りることが出来ます。イベント目的のスペースなどは日単位で借りることもできます。広告に載っている料金が基本料金になります。

目的に特化したレンタルスペースはほとんどの基本設備が整っているので、基本設備の使用料も基本料金に含まれます。
どういった基本設備が整っているのか事前に確認をし、足りないものなどは自分たちで用意をしましょう。持ち込み禁止というレンタルスペースはほとんどありません。

イベントなどの場合は搬入の為に前日からスペースを借りることもあるかもしれませんが、その分もレンタル料が発生しますので余裕をもって日程を予約するようにしましょう。

使用している間に基本設備を壊してしまった場合の賠償についてや、キャンセル料などのペナルティに関しても確認をしておきましょう。
多くのレンタルスペースの広告には、基本料金の案内の他にキャンセル料についても詳しく載っています。

オプション料金について確認

基本料金に入っていない設備をオプションとして貸し出すサービスを行っているレンタルスペースもあります。

例えば、音響システムや大きなプロジェクターなど、自分たちで用意できないようなものはオプションを利用してみましょう。もちろん有料になりますが、その会場に適したオプションになりますので自分たちで持ち込んだものが当日使えなかった、などのトラブルも未然に防ぐことが出来ます。

また、イベントなどでスタッフが足りない場合や搬入が自前では出来ない場合、オプションでお願いすることも可能なレンタルスペースもあります。

トイレなどの設備が使用可能であるかも事前に確認しましょう。
集客した場合、お客様の使用できるトイレはあるか、もしなかった場合は近隣で使用可能なトイレを探して案内できるようにしておくと良いでしょう。
オプションについても各レンタルスペースの広告に出ていますので、チェックして万全に臨みましょう!


この記事をシェアする